2014年8月29日金曜日

Dropboxを有料プランにアップグレードした.

私はもう4年近くもDropboxのお世話になっていますが,今までずっと無料会員でした.


それでもSNSの接続はもちろん,紹介人数は上限の32人.Dropquest2011,Dropquest2012.
カメラアップロード,Space Raceなど.とにかくあらゆる手段を使って容量をかき集めたので
使用可能容量は50GBを超えています.


しかしSpace Raceの期限が,あと数カ月で切れることから,そろそろ有料プランに切り替えなければいけないと考えていました.


そんなとき,容量が1TBになったというメールが,すでに有料会員である父に届きました.
“Dropbox プロ”が月額料金据え置きで大幅強化、ストレージ容量も10倍の1TBに - 窓の杜


なんだか神のお告げのように感じたので,これを機にプロアカウントにアップグレード.



アップグレード作業はクレジットカードの情報を入力するだけなので1分で終わります


今まで紹介一人あたり500MBだったところが1GBに増加したため,さらに16GBの容量増加で
結局使える容量が1090GBという想像を絶する容量になりました.


また無期限バックアップ機能も追加され,まさに鬼に金棒と言った状況.


(月額1,000円で安心と安全を買えるなら安いものです!)


いままでは外付けHDDにバックアップを取っていた,iTunesで取り込んだ大量ののmp3ファイル,
動画ファイルなども,これからは全く気にせずDropboxにポイできます.


ようやく私にも本当の意味でのクラウド時代が到来したようです.


2014年8月24日日曜日

【Linux】HDDにパーティションを作成する.(MBR編)

コマンドを用いて,HDDやUSBメモリにパーティションを作成する方法を示す.

今回は例として,/dev/sdc に基本パーティションを一つ作成し,それを ext4 でフォーマットする.

まず fdisk コマンドで /dev/sdc を指定する.
$ sudo fdisk /dev/sdc

mでヘルプを表示できるので,それに従い必要な操作を行う
コマンドの動作
   a   ブート可能フラグをつける
   b   bsd ディスクラベルを編集する
   c   dos 互換フラグをつける
   d   パーティションを削除する
   l   既知のパーティションタイプをリスト表示する
   m   このメニューを表示する
   n   新たにパーティションを作成する
   o   新たに空の DOS パーティションテーブルを作成する
   p   パーティションテーブルを表示する
   q   変更を保存せずに終了する
   s   空の Sun ディスクラベルを作成する
   t   パーティションのシステム ID を変更する
   u   表示/項目ユニットを変更する
   v   パーティションテーブルを照合する
   w   テーブルをディスクに書き込み、終了する
   x   特別な機能 (エキスパート専用)

今回の設定では,o コマンド,n コマンド(設定は全てデフォルト),w コマンドを順に実行する.

終了したら,念の為うまく設定できているか確認する.
$ sudo fdisk -l /dev/sdc

(実行結果例)
Disk /dev/sdc: 64.2 GB, 64156073984 bytes
ヘッド 14, セクタ 3, シリンダ 2983448, 合計 125304832 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0xf52b7069

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdc1            2048   125304831    62651392   83  Linux

最後に,作成したパーティション /dev/sdc1 を ext4 でフォーマットする.
$ sudo mkfs -t ext4 /dev/sdc1