2013年12月31日火曜日

Copyの容量が100GBに到達しました.

以前,こちらの記事で紹介したクラウドサービスCopyの容量がついに100GBを超えました.


大容量なのを良いことにiTunesフォルダや,デジカメで撮った写真や動画など重たいファイルをガンガン突っ込みまくってすでに使用料が80GB近いです.

登録はこちらから→https://copy.com/?r=pMKdim‎



使い方はDropboxとほぼ同じですが,多くのファイルを同期することで色々とわかってきたことがあるのでDropboxとの比較を書いてみたいと思います.



【Dropboxよりも優れている点】
・とにかく大容量.
・CUIで起動できる.

【Dropboよりも劣っている点】
・同期が少し遅い(とは言ってもこれはさほど問題ない)
・同期のアルゴリズムが最適とは言えない.
・削除したファイルの復元が遅い.





普通の人にとっては優れている点は大容量であることのみだと思います.
(もちろん,かなり大きなメリットです)

加えてLinuxユーザーならばCUI起動ができるので,サーバーやRaspberry Piでも普通に使えるのが意外と便利かもしれません.





逆に劣っている点は,同期速度はそこそこ出てるので目を瞑るとして,問題はアルゴリズムの方かなと思います.Dropboxは軽いファイルやフォルダの同期が優先的に行われるので,大容量のファイルをロード中でも軽いファイルはどんどん同期が終わります.

ところがCopyでは重たいファイルを操作しているとそれが終わるまで軽いファイルの操作が終わりません(例外もあるみたいですが).

また基本的にアップロードとダウンロードを同時に行うことができないため,ダウンロード中はCopyフォルダにファイルを加えても,ダウンロードが終わるまでアップロードが始まりません.逆もまた然り.

さらに,削除したファイルを復元すると,また一からダウンロードになってしまいます.(Dropboxではキャッシュが残っているので,復元は数秒から数分で終わります).



以上のことから,Officeのファイルや,テキストファイルなど編集の多いファイルはDropboxの中.逆に動画や画像,音楽ファイルなど操作はあまりしないけれど大容量のファイルはCopyの中.という使い方が適材適所なのでは無いかと思います.

2013年12月26日木曜日

/var/cache/apt/archivesを削除する.

一週間ほど前にOSを再インストールしたのだが,その時の構成が以下の通り.
16GB・・・swap
14GB・・・/
 2GB・・・/tmp
 2GB・・・/var
64GB・・・/home


いつもは/varを5GBぐらい取ってるのだが,それだと/homeが足りなくなったので2GBまで減らした.

ログインして,いつも通り必要なソフトをインストールしようと思ったら,/varが足りなくなって途中からインストールできなくなった.

「うわっ!OS入れなおし!?」

と思ったけど,とりあえず/varの中で何が容量を食っているのかチェック.

$ sudo du -sh /var/*

とすると大半が/var/cacheであることが判明した.

cacheなら削除できそう.と思ったがいきなりディレクトリごと削除するのは危険すぎる.

もうすこし階層をたどってみて削除できそうなら削除しよう.ということでさらに深く潜り,どれを削除すべきか吟味した.結果から言うと,容量をバカ食いしてたのは

/var/cache/apt/archives

つまりapt関連だ.これを削除すればいいのか?とググってみると,ちゃんと削除用のコマンドが用意されていた.(これで安心して削除できる)

$ sudo apt-get autoclean

$ sudo apt-get clean

上の方を実行してもあまり容量は変わらなかったが,下の方を実行すると圧倒的に使用量が減った.

各パーティションの容量を確認するには

$ df -h

を実行すれば良い.実行すると/varの使用量が33%まで落ちていた.

つまり,これからは/varは2GBじゃなくて,1GBでも大丈夫そうだ.

また一つ勉強になった.

2013年12月17日火曜日

【祝】40万PV達成.

ついに400,000Hitに到達しました.

11/12に300,000Hitだったので,ひと月ちょっと10万カウントです.

一日平均で言うと,およそ2,850Hit.

次の10万でようやく50万の大台に乗ります!楽しみです.

50万以降は25万刻みぐらいで記録を付けてみようと思います.

それでは今後もよろしくお願いします.

過去の記録
2011.05.16 ブログ開設
2013.05.22 10万Hit
2013.09.11 20万Hit
2013.11.12 30万Hit
2013.12.17 40万Hit

セルスタンバイ問題について思ったこと.

昨日,忘年会という名目で高校・大学が一緒の仲間で集まった.
全員で10人ほどいるのだが,それぞれの予定もあるため昨日集まったのは5人.

そのうちMVNO回線保持者が3人いた.(MVNO率60%ってどんな集まりだ)
ちなみに一人がOCN.自分ともう一人がIIJmioだった.





そして自分以外の二人は声を揃えて「セルスタがなー.」と.

OCNを使っている一人はNexus5を使っているが(羨ましい),2300mAhでは10時間保たないと言っていた.もう一人は最近友人からもらったGalaxyを使っているそうだが,やはり同様に電池がすぐ切れるらしい.

それに対して私は1840mAhのXperia Acro HDを利用しているが,過度に使わないければ24時間以上は保つ

もちろん使用しているアプリの種類や,常時バックグラウンドで動いているアプリの数,多くの通信を要するアプリがあるかないかなどで電池の消耗量は大きく変わってくるので,単純な比較はできない.

しかし,少なくとも二年近く前のモデルと最新型のNexus5でこうも違いが出ているのはTaskerによるMobilde data通信のオン・オフ制御が上手くいっている証拠と言えそうだ.





詳しい設定方法は他サイトに譲るが,Taskerで15分から20分に一回,モバイルデータ通信をオンにし,30秒から1分後に再びモバイルデータ通信をオフにする.といった常時通信待機型から時々巡回型に変えるだけだ.

とは言ってもTaskerは有料アプリなので友人二人は若干諦め気味だった.

私は有料アプリを買うことには全く抵抗が無く(ただしゲームは除く),むしろ良い物には金を払うべきだとすら思っているので,TaskerはもちろんATOKやBusiness Calendar,ADW Launcher,Dropsync,Powerampなど総額で3,000円程度は購入した.



話が逸れたが,もともとTaskerを購入した理由はセルスタ問題を解決するためだったので(今では他の用途でも使用している),実際に形として結果が得られたのは非常に嬉しい出来事だった.



2013年12月11日水曜日

dvipdfmxで図がズレるようになった.

gnuplotで作成したグラフを貼り付けたPDFファイルにおいて図がズレた!!!


dviファイルを確認すると何も問題が起きていないので dvipdfmx に問題があるようだ.
(Ubuntu13.10になってからplatexのバージョン変わったのかな?)

" dvipdfmx ずれる " でググったらすんなり解決方法が見つかった.

変更前
\usepackage{graphicx}



変更後
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

に変えれば良いらしい.なーんだ,簡単じゃん!




早速変更を加えていざ,コンパイル!

が,まだ直らない・・・.なぜだー!て思ったけどすぐに閃いた.colorにもオプション追加しなきゃ.

変更後
\usepackage[dvipdfmx]{color}

これにて一見落着.


コンパイルしたら綺麗に表示されるようになった.

2013年12月6日金曜日

Raspberry Pi の初期設定(備忘録)

Raspberry PiのOSを書き込んで起動したら最初にやること
・タイムゾーンの設定
・アップデート
・IPアドレスの固定
・ホスト・ドメインの変更
・ユーザーの追加
・SSHのログイン認証設定
・無線LANの設定

を以下に示す.



【タイムゾーンの設定】


1. ssh でログイン(IPアドレスは適当に探る.ユーザ名は pi ,パスワードは raspberry )
@client $ ssh pi@192.168.*.*

2. raspi-config を実行し,1.Expand-Filesystem,4.Internationalization Optionsを設定
pi@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

3. 再起動する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot



【アップデート】


4. ssh でログイン(ほとんどの場合,さっきと同じIPアドレス)
@client $ ssh pi@192.168.*.*

5. アップデートを実行
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get update
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get upgrade -y
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get dist-upgrade -y
pi@raspberrypi ~ $ sudo rpi-update
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get autoremove -y
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get autoclean -y
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get clean

6. 再起動する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot



【IPアドレスの固定】


7. ssh でログイン(ほとんどの場合,さっきと同じIPアドレス)
@client $ ssh pi@192.168.*.*

8.ネットマスクとゲートウェイのIPアドレスを調べる
pi@raspberrypi ~ $ route -n
(実行結果例)
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク
0.0.0.0         192.168.100.1   0.0.0.0
192.168.0.0     0.0.0.0         255.255.255.0

9. /etc/network/interfaces を管理者権限で開き,以下のように編集する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/network/interfaces
(一部のみ表示)
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
network         192.168.100.0       ←一番右を0に
gateway         192.168.100.1       ←ゲートウェイのIPアドレス
dns-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4     ←Google提供のDNSサーバー
address         192.168.100.2       ←固定したいIPアドレス
broadcast       192.168.100.255     ←一番右を255に
netmask         255.255.255.0       ←ネットマスク

10. 再起動する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot



【ホスト・ドメインの変更】


11. ssh でログイン(固定したIPアドレス)
@client $ ssh pi@192.168.100.2

12. /etc/hostname を管理者権限で開き,ホスト名を変更する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/hostname

(変更前)
raspberrypi
(変更後)
hoge

13. /etc/hosts を管理者権限で開き,127.0.1.1 を変更する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/hosts

(変更前)
127.0.1.1       raspberrypi
(変更後)
127.0.1.1       hoge.co.jp        hoge

14. 再起動する.
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot



【ユーザーの追加】


15. ssh でログイン
@client $ ssh pi@192.168.100.2

16. ユーザー piyo を追加する
pi@hoge ~ $ sudo adduser piyo

17. 標準エディタを vi に設定する.
pi@hoge ~ $ export EDITOR=/usr/bin/vi

18. 次のコマンドを実行し,
pi@hoge ~ $ sudo -E visudo
一番最後の行に
piyo ALL=(ALL) ALL
の一文を追加する(ユーザー piyo で sudo が使えるようになる)

19. 再起動する
pi@hoge ~ $ sudo reboot



【SSHのログイン認証設定】


20. ssh でログインする際に,パスワードではなく rsa 認証にする.
@client $ ssh-copy-id piyo@192.168.100.2
(ただし,クライアント側はrsaキーを設定済みとする)



【無線LANの設定】


21. ssh でログイン(piyo でログインする)
@client $ ssh piyo@192.168.0.32

22. スーパーユーザーになる
piyo@hoge ~ $ sudo -s

23. 無線LANの設定をする(環境により多少異なるので他のサイトも参照されたし)
root@hoge:/home/piyo# wpa_passphrase SSID名 パスワード >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

24. 標準ユーザーに戻る
root@hoge:/home/piyo# exit

25. /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を管理者権限で開き,
piyo@hoge $ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
次のように修正する.
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="SSID名"
        psk=***********************
        proto=RSN
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        group=CCMP
}

26. /etc/network/interfaces を管理者権限で開き,
piyo@hoge ~ $ sudo vi /etc/network/interfaces
次のように修正する.
#iface wlan0 inet manual                              ←コメントアウトする
iface wlan0 inet static                               ←追加する
#wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf     ←コメントアウトする
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf      ←追加する
network         192.168.100.0       ←一番右を0に
gateway         192.168.100.1       ←ゲートウェイのIPアドレス
dns-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4     ←Google提供のDNSサーバー
address         192.168.100.3       ←固定したいIPアドレス
broadcast       192.168.100.255     ←一番右を255に
netmask         255.255.255.0       ←ネットマスク
iface default inet dhcp

27. 再起動する
@raspberry $ sudo reboot

ifconfigを実行して,wlan0 に IPアドレス が振られていれば設定は完了.

2013年12月2日月曜日

レッドリターンズを見てきた.

師走になりましたね.今年も大詰めです.
一日なので映画を見てきました.今月はレッドリターンズ.

久しぶりにアクション映画見ましたけど,たまにはこういうスカッとするのもいいですね.

ただ序盤から色々な組織名が登場して頭が混乱しました.
(多分全ての流れを追えていない・・・残念)



内容は,普通に面白かったですね.

でもA級レベルには一歩届かない感じでしょうか?
いや,でもB級までは落ちないな.

A-(マイナス)ってのが一番しっくりくる.

どうでもいいけど続編だったということを映画を見始めてから知りました.汗



次は14日か,来月の頭ですね.次は何を見ようか・・・.かぐや姫?